トップ

富山県富山市の人口

富山県富山市の人口の推移とは

富山県富山市の人口の推移

富山県富山市は、中核都市にも指定されている都市であり、現在までは少しずつですが、人口が増加をしてきました。1970年の人口を見てみると約35万人でした。それからの変化はというと、1975年は約37万人、1980年は約39万人と増えてきています。それが、1985年には、ついに40万人の大台に乗って401070人になりました。このようにして人口が増加してきた富山県富山市ですが、以降は微増傾向で、平成の大合併が日本中で行われた1995年から2006年からの約10年間での増加は、1995年に417595人、2000年に420804人、2005年には、421239人となっています。富山県富山市においては、2005年に隣接町村である6つの自治体と合併したのですが、それほど増えたという実感はありません。2005年から2010年までは、5年間でわずか600人ほどが増えただけで421890人です。2016年の3月現在では、418179人と2010年をわずかに下回っていますが、これからは減少数に拍車がかかる模様です。そして、約25年後の2040年には、推定で349867人となる見込みで、少子高齢化が進んでいくと思われます。

↑PAGE TOP